ページ内を移動するためのリンクです。

植松 瞳さん

中途入社の先輩

看護師から転身
ヨガインストラクター(2013年入社)


植松 瞳さん

ヨガを仕事にして、周りも自分も大切にできるようになった

看護士として長年勤めた後に、LAVAへ入社。現在は店長へキャリアアップをし、
LAVAスタッフからも、お客様からも厚い信頼を寄せている。


今の自分から変わりたい

前職は看護士をしていました。担当の患者さんがいて、チームではなく個人プレイが多い仕事でした。元々人と深く関わることやチームプレイが苦手だったため、一匹オオカミで周りに興味を持てない性格でした。
LAVAはもちろん個人でレッスンを持ちますが、店舗運営はチームワークが必要不可欠。
できるだけひとりで仕事をしたい私は、入社当初はやはりそこに苦戦をしましたね。
しかし、LAVAの仲間はありのままの私を受け入れてくれました。その温かさが、逆に「今の自分から変わりたい」
という気持ちを後押ししました。

チームプレイが苦手だった私が店長へ

苦手だったチームワークや人とのかかわりも、今では自然とできるようになりました。
きっかけは店長を目指したこと。店長をつとめるには、どうやってもこれは克服しなければならなかったんです。
自分なりに努力をして、すごいと思ったら褒める、話し合いが必要なときはとことん話し合う。ということを徹底。
すると、店舗の仲間が愛おしく、かけがいない存在に変わっていきました。レッスンの時間だけではなく、意外の時間も楽しくなり、チームでいる時間を幸せに思えるように。自分がこんなに変われるなんて思いませんでしたし。変えてくれた仲間に感謝でいっぱいです。

仕事の充実はプライベートでも

LAVAでヨガを仕事にして、周りや今この瞬間に感謝をして生きるようになったので、自分もまわりも大切にできるようになりました。
今の旦那さんとも、この会社に入ってなかったら結婚をしていなかったと思います。
冷たくあたったり、素直にないことが多かった私が、
「いつも一緒にいてくれてありがとう」なんて、いまでは素直に伝えられるようになりました。

「変わりたい」という思いがあれば必ず変われる

人と深く関わることが苦手な自分を「こういう性格だから」とあきらめることもできたかもしれません。
LAVAに入社していなければ、変わろうと思ったこともなかったと思います。
でも、LAVAは「何かを克服したい、成長したい」という想いを、仲間も上司もみんなで応援してくれます。
だからこそこんなに楽しそうにイキイキと働いているスタッフが多いんでしょうね。

LAVAで働きたいと思ったら