ページ内を移動するためのリンクです。

  • 美容
  • 2018.03.05

アーユルヴェーダで花粉対策

こんにちは!採用担当の鳥越です!
だんだん温かくなってきたと思ったら
今度は花粉症の季節ですね。。。

くしゃみ (1).png

私も花粉症で毎年苦しい思いをしていたのですが、
アーユルヴェーダに出逢ってからは、驚くほど花粉症の症状が改善していきました!

そんな私が実践した方法を皆さまにご紹介します♪


アーユルヴェーダとは、そもそも今から約5000年も前に生まれた伝統医学。
病気になった時にお薬を飲んだり、手術をしたりするのではなく、
「生き方」そのものを見つめ直すことで、病気のもとを断つという考え方です。
特に食事療法が盛んで、私も食事に気を付けることで症状が治まってきました^^

アーユルヴェーダでは、人それぞれ違うエネルギー体質を持っていると言われていて、
ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)と、3つのエネルギーが体質や心の状態によって変化していきます。
ほとんどの人は、ヴァータ・ピッタ/ヴァータ・カパなど、
心身の状態によって2つのドーシャも持ち合わせていますが、それぞれが均等になるとバランスが良くなります。

そして、カパが増えすぎると体力や免疫力などの低下に繋がり、花粉症に繋がります。

冷たいものの摂りすぎや、油分の多いもの、甘すぎるもの等は、カパが増えてしまうのですが
花粉症改善のために食べた方がいいとされているヨーグルトやネバネバ系の納豆、山芋なども
アーユルヴェーダ的には、カパを増やす原因の一つとなっているそうです!

思い返せば、私も花粉症がひどかった時代は、
脂っこい料理やお菓子、アイスが大好きで、よく食べていました。。。(反省)

カパが増えている時に摂取すると良いとされる食べ物は以下です!

・温かい食べ物(飲み物)
・辛み、苦み、渋みのあるもの
・乾燥したもの(油分の少ないもの)
・軽いもの


私の場合は、甘いものを控え、温かい食べ物や飲み物を選ぶようにしました☻

温かいご飯.png

花粉症で、ティッシュが手放せなかったのが嘘のよう★

もちろんまったく食べてはいけないのではなく、毎日の摂取を控えるだけで、対策にもなります。
ぜひ快適な春のために、取り入れてみてくださいね^^

Facebook シェア

LAVAで働きたいと思ったら